Your home Your family

あなたの家のように、あなたの家族のように 共に喜びを分かち合って行きたい。

横浜市初の介護専用型ケアハウス。
手厚い介護人員配置を実施し、スタッフ一同「心からのケア」を大切にしています。

フォーシーズンズヴィラそよかぜ施設紹介
そよかぜ施設写真 そよかぜ施設写真
介護専用型ケアハウスとは?
そよかぜ施設写真
特定施設入居者生活介護の指定を受けている施設で、原則として要介護度(1~5)の認定を受けられた方の為の施設です。
サービスは、食事や入浴、排せつの介護、日常生活や療養上のお世話、機能訓練などが受けられます。
介護サービスは、私たち職員が提供致します。
有料老人ホームに比べ低価格でご入居できます。
フォーシーズンズヴィラ
そよかぜの特徴
そよかぜ施設写真フォーシーズンズヴィラそよかぜは、全室個室でプライバシーも確保され、10人が1つの単位としてのユニット型を採用しており、顔なじみの皆さんと家族のように安心して過ごせる。終の住家とお考え下さい。

施設内は広々とした廊下にアロマオイルを焚き、心地よい音楽が流れております。
バラの花、リンゴを浮かべるなどさまざまなバラエティーに富んだお風呂は、好評を得ております。

そよかぜ施設写真玄関脇には、珍しい花々の花壇があり、菜園では、皆さんで収穫を楽しんでおります。敷地内にはウサギを飼育しており、皆様に癒しをご提供しております。

そして玄関から花壇、うさぎ小屋までは、施設をぐるっとひと回りするお散歩コースになっており、四季を感じながらお散歩が楽しみながら出来る様に工夫をしております。
ユニットケアを行っております。
そよかぜ施設写真居間の周りに部屋が配置されている一般住宅の配置と同じように、共同生活室(居間、食堂)を中央に配置し、その周囲に居室(10居室程度)を置き、ひとつの生活単位(ユニット)として構成されています。

介護職員の勤務形態もユニットごとに組み、小さな単位で家庭的な環境をつくります。
ユニットケアの利点としては…
従来は、一般的に30人~50人程度のご利用者を一つの単位にしていますので、家庭的な環境を作ることがむずかしく、大きな集団の中では馴染みにくい状況がありました。ユニットケアは少人数の家庭的な雰囲気を作ることができ、ご自宅にいるような安らいだ中で生活を送ることができます。
共同生活室が居室と隣接しているので周囲と打ち解けやすく、早い時期から馴染みやすい点があげられます。
手厚い介護人員配置とは?
介護保険法による、ご入居者様と看・介護職員の配置は、ご入居者3名に対し介護職員1名の配置です。(3:1)
「手厚い介護人員配置」では、ご入居者様2名に対し介護職員1名を配置いたします。それによって、従来よりもきめ細やかな介護サービスが提供ができます。
経営主体は?
社会福祉法人白鳳会です。社会福祉法人白鳳会は、昭和54年設立され約30年以上の歴史のある法人で老人介護福祉事業をはじめ、知的障害者施設等の多様な福祉施設を展開しております。

社会福祉法人とは、社会福祉事業を行う事を目的として社会福祉法の規定により設立された法人で、公共性が極めて高く、営利を目的としない民間の法人です。
その公益性の高さから、設立後も所轄庁等の厳しい監督下におかれる、一方で、補助金の交付や税制面での優遇措置がなされるなど、健全な経営を行うための指導が施されています。
フォーシーズンズヴィラそよかぜでの日々の生活…
そよかぜ施設写真レクリエーションにも力を入れ、月一回施行を凝らしたお風呂屋さんを実施。(バラを浮かべた「バラ風呂」や、リンゴを丸ごと浮かべた「リンゴ風呂」。きれいなお花がいっぱいの「花風呂」など)また喫茶店も開き、ご当地のスイーツを召しあがっていただいており、大変ご好評です。

施設では「うさぎ」を飼育しており、ご入居者様の癒しにもなっております。
春のお花見や夏の流しそうめん、秋にはそよかぜ祭、冬にはお餅つきや初詣等の行事を行うことで季節感を感じていただいております。
概要
[ 入所定員 ]  100人(全室ユニット型個室)
[ 居室 ]  95部屋 / 夫婦部屋:5部屋
[ 敷地]  9520.68㎡
[ 延べ床面積]  5898.04㎡
[ 構造]  鉄筋コンクリート3階建て